困ったちゃんのその後

さてさて、前に不調と書いたiPod mini の続報。
相変わらず不調です。
勝手に一時停止状態になってしまいます。

ちょっとそこまで、って時は欠かさずiPod miniで音楽を聞きながら行きます。
行き先が近所のスーパーにしろ、コンビニにしろ。
ヘッドホンをして音楽を再生開始、iPod miniはポケットへ。
出発して50mほど歩いたところで、音楽がプツッと途切れるわけです。
ちょうど曲のサビやら一番盛り上がる部分で、プッツリと。
なんとも切ない・・・

で、新たに気づいたことがあります。
いつも使っているヘッドホンはゼンハイザーのPX200
こっちに問題があるんじゃないのか?と思い始めたのです。
曲が突然ストップするのは、決まってこのヘッドホンを使っているときなのです。
他に、防滴スピーカー@無印良品なんかを使って音楽を聴くときもあるのですが、このときはいきなり止まったことは今のところありませんから。
ジャック部分だとか、ケーブルのどこかしらが接触が悪いのではないかと思います。
そのため、iPodは「あれ、ヘッドホン外した?じゃあ音楽止めるよ」としているのではないかと思う訳です。

原因がiPod mini本体、ヘッドホンのどちらにあるにしろ、困った問題です。
再現性が高くない事例なので(偶然が重なって起きる感じ)、おそらくジーニアスバーに持っていっても確認できないでしょう。
そうすると、例えばヘッドホンの交換などはしてもらえないわけです。

一番の解決策は、iPodもヘッドホンも新調ですね。
これは間違いない。
posted by もっきん at 12:25 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクニカさん

買っちゃいました。
オーディオテクニカ「ATH-CK32」
いつものここを見たときから気になっていたんですよね。
ついに衝動に負けました。
用途はもちろんiPod用。

買っちゃったのは、カナル型のヘッドホンが気になっていたってのもあります。
前にも書きましたが、現在メインで使っているヘッドホンはコレ。
ゼンハイザーのPX200
こういったタイプのヘッドホンだと、どうしても髪型が〜ってのもあります。
帽子をかぶりたいときもちょっと辛いですし。
かといってiPodに付属の純正ヘッドホンは音はともかく、形が耳に合わないんですよ。
耳が痛くなってくるし、勝手にポロッと外れるし。
というわけで、カナル型入門にいいんじゃない?ってことでついつい。

で、肝心の音の方はどうなのか?
ん、まぁ値段相応って感じですかね。
やっぱり耳栓型なので、遮音性はさすがのもの。
PX200と比較するとやはり周囲の音が聞こえません。
そのため、音楽自体は小さな音量でもしっかりと聞き取れます。
ただ、音質というか音色というかは今一歩。
解像度・分解度がいまいち、あるいは音が粒だっていないといった感じでしょうか。
PX200の方が、クリアな音が聞こえるんですよね。
値段を考えると悪くはないんだけど、満足いくってほどではない。
いずれ1万円を超えるようなカナル型を買っちゃうんだろうな〜って今から思います。

実は遮音性も正直、思ったほどではなかったんです。
PX200よりは良いけど、周りの音もいくらか聞こえる。
カナル型っていうのは周りの音は全く聞こえないものかと思っていましたが、そういうわけでもないんですかね。
ちなみに、しっかり装着していますよ。
がっつり耳奥まで押し込んでいます。
でも、周りの音がいくらか聞こえるんです。
遮音性っていうのもヘッドホンの価格によるんですかね。
有名なE2Cなんかだと、周りの音は全然聞こえなかったりするんですかね。

ちなみに、高額なカナル型ヘッドホンを買うとしたら〜と考えているのはコレ。
カナル型イヤホン「Etymotic Research ER-6I」
posted by もっきん at 12:37 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MacでTV

実は、Mac用テレビキャプチャを買いました。
ワールドカップが始まる前に、ワールドカップを見るためだけに。
(オリンピックが始まるからってテレビを買い替える人みたい・・・)

買ったのは、Intel Mac対応としっかり書いてあり、ユニバーサルバイナリ印もしっかりついている、I-O DATA の GV-1394TV/M3

で、ワールドカップ含めいろいろとテレビ番組を見ていたのです。
2週間も使っていると、様々な悪い点が目につきます。

まず、予約録画を行うソフトの「Channel Manager」が常駐する点。
予約のある・なしに関わらずです。
ってことはつまり、Dockにアイコンが一つ増えるってことです。
かっこいいアイコンってわけでもなく、正直なところ目障りです。
メニューバーに表示って形でどうにかできなかったのだろうか>I-O DATA

画質に関しても文句を言いたい。
画像が荒い。
でもまぁ、画質については細かく設定できるので、それをいじればどうにかなるのかもしれません。

そして音についてですが、ズレます。
「あれ、声が遅れて聞こえるよ」状態です。
これは、メモリが足りないのかなとも思っていたんです。
デフォルトの512MBじゃあキツイのかな、と。
実際、TVキャブチャをつなぐ以前に普通に使っていてスワップファイル1GBとかなっていた時もあるくらいですから。
ですが、メモリの他に音が遅れる原因を発見しました。
付属のFireWireケーブルです。
これに付属のFireWireケーブルは4-6pinなのです。
4pinだと6pinよりも転送速度落ちますよね。
試しに、持っていた6-6pinのものと変えてみました。
うん、遅れ解消!とまではいかないけれども改善がみられました。
なんで、あえて遅くなってしまうケーブルをつけるのか、謎です。

そして、常駐しちゃう予約録画ソフトの使い勝手もイマイチです。
録画データの保存先を外付けHDDに指定していたにも関わらず、勝手に内蔵HDDに保存。
おかげさまで「このボリュームには空きが不足しています」とか言われちゃいました。
さらに「保存容量が不足しているので、録画を中断します。」とか言うんです。
なんてお馬鹿ちゃん・・・
おまけに、録画時にはフルスクリーンにできないんです。

購入時にTVMicroがまだ店頭になかったのが悔やまれます。
こっちならリモコンもついてるし。
posted by もっきん at 13:05 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実はiBook G4でも

MacBookのパームレストが変色するー!って問題になってるみたいですね。
(情報元:Apple Insider、マク経由で知りました)

でも実はコレ、iBook G4 でも起きるんですよ。
写真にあるほどくっきりしっかりではありませんが、なんとなく黒っぽくなってくるんです。
変色してくるのはキーボードを打つときにちょうど手をつくあたりなので、単純に手アカかなーと思っていたんですけど。
そう思っていたんで、消しゴムでゴシゴシしてみたときもあります。
消しゴムで見事にきれいになってくれましたけど、MacBookではそうはいかないんですかね?
ちなみに、前に故障したときに修理センター送りになったマイiBook。
そのときにどうやらボディのクリーニングも行われたらしく、黒ずみもきれいになって帰ってきました。
それから3週間ほど経ち、今もまたうっすらと黒くなりつつあります。
写真撮っても「わかるかなー?わかんないだろうなー?」って程度ですけれど。
でも、変色を消せないならかなーり問題ですよね。
第3者から見たら間違いなく「手アカ?」って思うだろうし。
んー、カッコ悪い・・・
posted by もっきん at 13:09 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーネルパニックそのまた後で

7月1日にOSを再インストールしました。
その後、カーネルさんの姿を見ていません。
カーネルさん発生率の高かった、閉じた状態での長時間のスリープにもしてみましたけど、大丈夫でした。
カーネル祭りは順調に収束へと向かっているようです。

でも、おかしいです。
修理に出したときに、OSも再インストールされているはずなのです。
ロジックボード交換して、HDD初期化されているわけですから。
それでも起きていたカーネルパニック。
さらにOSを入れ直したら、直った。
なんだか変な感じ。
ま、直ればなんでもいいんですけど。

ちなみに、画像は Photshop CS2 体験版で遊ぶの図。
iBookでもちゃんと動きますね、写真屋さん。
思ったよりもストレスなく動きます。
といっても、Photshopに関してはシロートなので、もちろんプロが使えば「動かねー、コレ」ってなるのかもしれませんけどね。
posted by もっきん at 13:23 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーネルパニックのその後

いやぁ、相変わらずですよ。
たびたび登場します、カーネルさん。

今日は学校でプレゼンをすることになっていました。
(その準備で忙しく、一週間ほどブログ更新が滞っていたわけです)
そのプレゼンではもちろん iBook を使うことにしていました。
あらかじめ電源を入れて、閉じた状態でスリープさせて出番を待っていました。
いざ出陣!というときに開くと、カーネルパニック発生ー!!
再起動したら問題なく動いたのでことなきをえましたが、あせりましたよホント。

実は今日のプレゼンが控えていたのであんまり手出しできなかったんですよ、カーネルパニックに対して。
下手なことをして動かなくなっちゃったらオシマイでしたからね。
ところが、終わってしまえばこっちのもの。
カーネル後に「ちゃんと起動するかな」とヒヤヒヤするのももうおしまいです。
動かなくなるならそれでもいいさ!(いや、ダメだけど・・・)
とりあえずPRAMのリセットをやってみました。
これでダメならOSを入れ直すか、ジーニアスさんに相談しに行くかですかね。

以上、プレゼン終わって肩の荷が無くなりとても晴れ晴れした気分で書きました。
これからは思う存分に釣りに行ける、ウフフ。
posted by もっきん at 19:50 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーネルパニックが起こったら

カーネルパニックが起こったら、どうしたらいいんですかね?

先週の木曜日に入院して、その後、日曜日に退院してきた iBook。
ロジックボード交換がなされたということで、無事に起動も確認して受け取ってきました。
ですが、その後もちょくちょくカーネルパニック発生するってのはどういうこと?
1日に1回起きるか起きないか、ってペースでカーネルパニック発生するんです。
普通の使用中に突然発生したり、閉じた状態でスリープさせといて開いたらカーネルさんいらっしゃいませ、などなど、いつ起きるか予想もつきません。
前みたいにそのまま起動しなくなるってことはなく、再起動すると使えるんですけれども、なんとも不安。
ロジックボード以外にもどこかおかしなところがあるんでしょうかねぇ?
修理のときにHDD初期化されてOS入れ直された状態になってたので、ソフト的な問題ではないとおもうんです、多分。
ハードがどこかおかしいとしても、今月中はiBookフル活用しそうなので、また入院ってわけにもいかないです。
かといって、また起動しなくなって強制入院とかなっても、それこそ困るんですけれども。
とりあえず、データはこまめにバックアップをとりつつ、今月中は様子を見ながらだましだまし使っていくつもりです。
なんなんですかねぇ?寿命?
まだ、半年くらいしか使ってませんけど。
APPもたーっぷり残ってるから、まだまだ使う気でいるんですけれども。
かわいい子には旅をさせろ、とは言いますけど、入院させろとは言いませんし。
まったく、困ったちゃん。

追記
いやいや、困ったちゃんなんて言ってる場合じゃないかも・・・。
今日使ってただけで、2回もカーネルさんがやってきました。
2回とも、閉じた状態でスリープ→開いたらカーネルのパターンでした。
んー、まずい。どうしたらよか?
posted by もっきん at 12:30 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかえり MacBook

MacBookが帰ってきました。
入院してから3日です。
修理センターに送られて、ロジックボード交換して、仙台店に送り返して〜ってことを考えるとなかなか早いんじゃないでしょうか。
過去に、某VAI○デスクトップが故障したときは1ヶ月くらいかかったこともあります。
そのことを考えると、2度目の故障とはいえ、まぁいいか。
ストアでのジーニアスの対応も素晴らしく、安心してまかせることができますし。

で、帰ってきたMacBookちゃんはロジックボードが交換され、HDDも初期化されていました。
見た目は同じだけど、中身はまっさら。
例えるならば、事故にあった人が生死の境をさまよい、意識を取り戻したけども記憶を失っていた、みたいな感じ?
さて、いろいろと設定しなおさなければ。
こういったときに、.Macは便利ですね。
ブックマーク、アドレス帳、スケジュールなど、同期ボタンを押せば完了ですから。
あとは、ウィジェットを入れ直したり、いろいろアプリを入れ直すだけ。
あんまり手間もかかりません。

ところで、修理から帰ってきたMacBookのボディ。
キレイになってます。
トラックパッド周辺とか黒ずんできていたのが見違えるほどに真っ白。
キーボードもキレイになってるし、外側もピカピカ。
画面も拭いたようなあとがあります。
修理ついでにクリーニングでもしてくれたのかな。
posted by もっきん at 14:03 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MacBook入院中につき

MacBookのない生活が始まり、20時間程度でしょうか。
生活していて、ときどき不都合を感じます。
普段のメインマシンの座はiMacに移り変わったものと思っていたんですが、実はまだまだMacBookもMac生活をサポートしてくれていたんだなぁ、としみじみ思います。
…こう書くとMacBookが亡くなったみたいですね。
売ったり無くしたりしてませんよ。
修理センターへと入院中です。

さて、どんな不都合を感じたのか?
まずは朝、目覚めたときです。
いつもならベッドから手が届く範囲にMacBookがあります。
それをラッコの姿勢で起動して、メールやら新着RSSやらをチェックします。
なにが良いって、布団からでることなくできるんですよ、寝ぼけたままで。
予定のない日には、そのまま2度寝できるじゃないですか。
ところがMacBookがないと、そうはいかない。
起きるぞと気合いを入れて布団をはねのけて、iMacの前に座らなきゃないわけです。
これじゃあしっかりと目が覚めてしまい、2度寝もままなりません。
うん、やっぱりMacBookは必要だ。

それから、まさに今!
現在もちょっとした不都合を感じています。
私はブログなんかのテキストを書く場合にはmiを使っています。
コイツがユニバーサルバイナリ化されていないのです。
そのため起動がちょっと遅い。
Macでアプリケーションを起動すると、Dockで元気に飛び跳ねるじゃないですか。
それがロゼッタを通したやつだと凄い。
跳ぶ回数が多い多い。
ピョンピョンピョンピョンと、お前はいったい何回跳ぶのだ?と言わんばかり。
そして、動作中もごくごくたまーに「あれ、遅い?」と感じることがあります。
まぁ、FOMAのもっさり感ほどではなく、十分に実用できる範囲内ですけど。

要はデスクトップが1台あっても、やっぱりモバイルが必要だなってことです。
posted by もっきん at 12:57 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書感想文−2

この本「スティーブ・ジョブズ-偶像復活」について、2/3を読み終わりました。
ゆっくりじっくり読むはずだったんですけど…。

いよいよ「カーズ2」の公開が間近にせまってきました。
Appleを追い出されてからの13年間でジョブズは家庭をもち、人間的に成長したらしいです。

この本で見る限り、スティーブ・ジョブズは会社を“経営していく”タイプの人間ではないように思えます。
むしろ、会社を“掌握していく”という表現がピッタリのように思えます。
三国志でいうと、曹操タイプでしょうか。

それにしても、「クビにされるのを恐れてエレベータに一緒になるのなんて勘弁、階段に切り替えた社員もいた」ってエピソードは本当なんでしょうか?
思わず笑ってしまいました。
いや、自分がその社員だったらもちろん笑ってなんかいられないんですけど。

Apple製品を愛用する人たちが“信者”と呼ばれるのが、なんとなくわかったような気がします。
確固たる信念から生み出される、美しいデザインの製品に陶酔してしまったら他のものなんていらないですもんね。
posted by もっきん at 13:06 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書感想文−1

この本「スティーブ・ジョブズ-偶像復活」について。
1/3を読み終わりました。
早くもジョブズは30歳を迎え、Appleを去りました。

Macを使って半年も経たず、プレゼンで会場を沸かせるCEOとしてのジョブズしか知らない自分にとっては良くも悪くもショッキングな内容でした。

まぁ、この本に書かれている内容がどこまでが真実であるのかは分かりませんが…。
30歳までのジョブズは、絶対に仕事を共にしたくないタイプの人間でした。
良く言えば、のし上がっていく術に長けている。
悪く言えば、目的のためなら手段を選ばない。
そんな感じでしょうか。

そして思っていたよりも遥かに多く、大きな敗北をしていたりもします。
時には友人が「自殺するんでは?」と心配するほどの負けを喫したりしています。

ですが、プロローグには正式にAppleのCEOとして返り咲き、賞賛を浴びるジョブズの様子が書かれていました。
そして、その頃には人間的に大きな成長も遂げた後だとも書かれていました。
Appleを離れた後、ジョブズにどんな事があり、人間的にどのような変化があったのか?
そのへんに注目しながら読みすすめようと思います。
posted by もっきん at 12:33 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カリスマの虚像と実像

少し遅めの春休みなので本を読むことにしました。

「スティーブ・ジョブズ-偶像復活」

本屋でMac関連書のコーナーを探すも置いてない。
PC関連読み物のコーナーを探すも置いてない。
書籍検索マシーンで検索すると「ビジネス書のとこだよ」とのメッセージ。
ビジネス書コーナーにいったら、あっという間に発見できました。
本棚の中で明らかに一冊だけ分厚い本、それがこれでした。
なんと、500ページ超。

それにしても、帯に書いてある言葉がカッコいいんですけど。

アップルコンピュータを創った男の
ビジネス史上
最も偉大な第二幕
カリスマの虚像と実像を追った
「非公認」ノンフィクション

春休みは1ヶ月以上あるので、ゆっくりじっくり読もうと思います。
posted by もっきん at 12:52 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac啓蒙活動

今日は、とある友人宅へ用事で行ってきました。
そのとき、必要となったので iBook を持っていきました。

友人には Mac を持っているということを言っていませんでした。
白リンゴマークのノートパソコンを取り出すと、
友人は「マック?!マジ?!カッコいい〜!」と好感触。

その友人は Mac と Win はほとんと互換性がないと思っていたとのこと。
ファイルのやり取りを普通にできることに驚いていました。

音楽ファイルの管理を Windows Media Player でしていて、とてもやりづらそうだったので、iTunes ご紹介。
iTunes の存在は知ってはいたものの、有料だと思ってたとか。
再生回数やマイレートで曲が簡単に管理できることに、これまた好反応。

さりげなく Expose を見せると、これまた良い反応。

一番食いつきが良かったのは、iBook のトラックパッドです。
2本指でスクロールできる、ってやつです。
「うぉ、すごい、超便利じゃん!!」
そうそう、コレ最初のときすごく感動したなぁー、と思いつつ「いや、普通だよ」みたいな態度でやってみせました。

と、友人に Mac をプチ宣伝してきました。
Grapher でグラフの実演でもすれば、さらに良かったかな?

Mac のことをあまり知らない人に実演してあげると、とても感動してくれます。
カッコいいし、便利だし、一度ハマると窓の世界には帰れません。

さて、友人が次にパソコンを買うとき、その選択肢に Mac はあるのか?
posted by もっきん at 14:33 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムダ足と物欲と

昨日は、学校が終わってからHMVへ。
the pillows のアルバムを買おうと思って。

ところが、探しても探してもみつからない…。
店員さんに問い合わせてもらったら、明日入荷するだろうってことでした。
今日はとりあえず予約だけ。

せっかく来たのだから、となりのアップルストアへも。
最近、ヘッドホンが欲しいのです。

今使っているのはコレ
PHILIPS SBC-HS740 ファションヘッドフォン。
耳に入れる部分が大きめで、ずっとつけていると痛くなるので。

何種類か試聴してきました。
ストアのiPodに入っていた weezer の Beverly Hills での聞き比べ。

かの有名な BOSE のヘッドホンはさすがにすごいですね。
確かに雑音が消える。
値段なりの働きはしてくれそう。
飛行機に頻繁に乗るとかなら欲しいかも。
と思ったら試聴したのにはノイズキャンセリングは無かったみたい、あれ?
外界の音をしっかり遮断できてただけみたいですね。

今回気に入ったのはコレ
ゼンハイザー クローズド型ダイナミックヘッドホン [PX200 White]
値段もお手頃。
今使っているやつに比べると音も良かった。
クローズドタイプだからってこともあるのかな?

今日はとりあえず我慢したけど、明日またHMV行くからその時には買っちゃうかもかも。
posted by もっきん at 13:38 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンキングターイム

携帯シンクを買いました。
これで、ケータイとiBookの接続が簡単に!
カメラ画像も取り込めるし、電話帳のバックアップもできる♪

と思ってましたが、それほど活用していません。
カメラ画像を取り込むのはちょっと便利。
ブログに写真入れたい時とかね。

電話帳とかブックマークとかは、機種変更した時にかなり役立ちそうな感じ。
でも最新機種を買っちゃったから、次に買うのはいつになるのやら。

スケジュールを同期できるのは良いかもしれない。
iCalでのスケジュールがまるまるケータイに移せる。
DSC00148_ed.jpgDSC00149_ed.jpg
ケータイの画面はこんな感じ。

月カレンダー画面の下半分にスケジュールの見出しがでる。

で、1日スケジュール画面では時間帯も確認できる。
もちろん予定を選んで決定キーを押せば詳細が確認できます。

他にも色々表示を変えれるみたいだけど、これが一番見やすそう。
前に使ってたSO506iよりかは使いやすい。

ちなみに、「歯医者」ってのは親知らずを抜かなきゃないかもしれない危機。

スケジュールっても、学生なので学校の予定がメインとなるわけで。
試験の日や、その他の日程が確認できるくらいで十分なのです。

そうそう、携帯シンクを買ってとても良かったと思ってることがあるのです。

それがこれ。
携帯とPCをつなぐためのケーブル。
PCからケータイに充電ができるのです。
しかも、コネクタ部分にスイッチがあって、そこで充電するかどうか切り替えられる。

コタツに入ったままで、iBookでレポート。
しかもiBookから携帯を充電。
さらには携帯カメラで写真を撮って、取り込み。
ってのが出来ちゃうのです。
そんなに手の込んだレポート、書きませんけど。
posted by もっきん at 13:18 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝・退院

土曜日に入院したiBookが退院しました。

iBookが到着していると、昨日の21時過ぎにアップルストアから電話がありました。
ストアの営業時間終了後に連絡があるとは予想外でした。
営業中に連絡してくれれば、即迎えに行くのに。

で、今日の昼過ぎにアップルストアへ。
ジーニアスバーでDVDが再生できることを確認して、iBookを返してもらいました。

やっぱりドライブがおかしかったということで、コンボドライブが交換されたそうな。
あと、パワースイッチのコネクタぐらつきのため、ロジックボードも交換してくれたと。
あら、気づかなかったところまで直してくれたのね、ありがとさん。

その後の動作は順調ですよ。
エルレのDVDも無事に再生できました。
posted by もっきん at 13:07 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさにジーニアス

AppleStore仙台がいよいよオープンしました。
並ぶことはせず、お昼過ぎにゆっくり行ってみました。

AppleStoreに着いたのは13時過ぎ。
その頃には行列はなく、スムーズに店内へ。
細長い店内はほぼ満員状態。
さすがにAppleといったカッコイイ店内に見とれてみる。
一通り店内を見回った後、ジーニアスバーへ。
黒Tのジーニアスにibookの症状を説明。
するとジーニアスは一つ一つの操作を試し、どこに原因があるのかつきとめていく。
これがダメなら次はこれと、その対応は的確かつ明快。
こりゃ確かにジーニアスだわ、と納得&感動。

最終的にコンボドライブがおかしいとの結論に。
ibookは1週間の入院となりました。

店内の内装やなんかは、さすがAppleStore。
洗練されたオシャレカッコイイ雰囲気。

それより感動したのは、やはりジーニアスですよ!
これは可能か、ではこれはどうなのか?と診断を進めていく様は本当に見事!
この人に任せておけば安心と思わせてくれました。
まさにプロフェッショナル!
posted by もっきん at 13:58 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AirTunesは穀潰し?

我が部屋では無線LANが構築されておりまする。
AppleのAirMac Expressをアクセスポイントとしています。
IEEE 802.11g規格で、最大54Mbpsの無線LANでございます。

AirMac Expressは便利なもので、プリンタを接続してLANで共有したりできます。
他に、面白いものでAirTunesというやつができます。
AirMac Expressとスピーカとかコンポとかつないで、PCのiTunesの曲を再生できるのです。

以前はiPodをDock(充電スタンド)に置いて、そのDockとコンポをつないで音楽を聞いていました。
んが、これだと聴きたい曲があったときにめんどくさい。
コンポ近くに置いてあるiPodの所まで行ってポチポチしなきゃない。

それに対してAirTunesを使えば、使用中のPC上で聴きたい曲を選べば良い。
こりゃ便利ってことで、AirMac Expressを買ってからはAirTunesで音楽を聞いています。

コタツの一角を陣取っているiBook。
そこでネットをしながら、部屋の音楽の操作までできる。
寒い思いをしてコタツからはい出していく必要がないわけです。

んが、とある本に気になる記述が!
”通信速度がそれほど速くもない無線LANで帯域を食いつぶすような行為はあまり賢いとも思えない。”

…低能呼ばわりされました

賢くないかどうか、とりあえず計ってみました。
goo スピードテストにて。

えと我が家のインターネット環境は、USENの光ファイバ・LANタイプ
最高100Mbpsの通信速度が魅力でございます。

以前、ケーブルをPCに直繋ぎの場合は17〜18Mbpsほど出ていました。

今はケーブルがAirMac Expressに繋がり、無線でPCへ。
測定結果、およそ11Mbps
何度か計りましたが、だいたいそんなもんでした。

次にAirTunesを使用して、音楽を再生しながら測定してみる。
結果、およそ6.5Mbps

うん、下がった。
半分まではいかないものの、はっきり下がってる。
こっちも何度か計測してみましたが、だいたいそんなもの。

アクティビティモニタ(winでいうタスクマネージャみたいなの)でネットワークの使用状況を見てみました。
ネットせず、AirTunesだけを使っていると140KB/秒のデータ送信がありました。
これが再生中の音楽データなのでしょう。
毎秒140KB = 毎秒1120Kbit = 1.1Mbps
(合ってる?)

けっこう贅沢な通信してますね。
ネット接続速度が半分程度まで下がるほどですから。

結論:AirTunesで帯域食いは、確かに賢くないかも。
でも、便利。
posted by もっきん at 13:02 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝・退院

土曜日に入院したiBookが退院しました。

iBookが到着していると、昨日の21時過ぎにアップルストアから電話がありました。
ストアの営業時間終了後に連絡があるとは予想外でした。
営業中に連絡してくれれば、即迎えに行くのに。

で、今日の昼過ぎにアップルストアへ。
ジーニアスバーでDVDが再生できることを確認して、iBookを返してもらいました。

やっぱりドライブがおかしかったということで、コンボドライブが交換されたそうな。
あと、パワースイッチのコネクタぐらつきのため、ロジックボードも交換してくれたと。
あら、気づかなかったところまで直してくれたのね、ありがとさん。

その後の動作は順調ですよ。
エルレのDVDも無事に再生できました。
posted by もっきん at 13:39 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさにジーニアス

AppleStore仙台へ。
お昼過ぎにゆっくり行ってみました。

AppleStoreに着いたのは13時過ぎ。
その頃には行列はなく、スムーズに店内へ。
細長い店内はほぼ満員状態。
さすがにAppleといったカッコイイ店内に見とれてみる。
一通り店内を見回った後、ジーニアスバーへ。
黒Tのジーニアスにibookの症状を説明。
するとジーニアスは一つ一つの操作を試し、どこに原因があるのかつきとめていく。
これがダメなら次はこれと、その対応は的確かつ明快。
こりゃ確かにジーニアスだわ、と納得&感動。

最終的にコンボドライブがおかしいとの結論に。
ibookは1週間の入院となりました。

店内の内装やなんかは、さすがAppleStore。
洗練されたオシャレカッコイイ雰囲気。

それより感動したのは、やはりジーニアスですよ!
これは可能か、ではこれはどうなのか?と診断を進めていく様は本当に見事!
この人に任せておけば安心と思わせてくれました。
まさにプロフェッショナル!
posted by もっきん at 12:54 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AirTunesは穀潰し?

我が部屋では無線LANが構築されておりまする。
AppleのAirMac Expressをアクセスポイントとしています。
IEEE 802.11g規格で、最大54Mbpsの無線LANでございます。

AirMac Expressは便利なもので、プリンタを接続してLANで共有したりできます。
他に、面白いものでAirTunesというやつができます。
AirMac Expressとスピーカとかコンポとかつないで、PCのiTunesの曲を再生できるのです。

以前はiPodをDock(充電スタンド)に置いて、そのDockとコンポをつないで音楽を聞いていました。
んが、これだと聴きたい曲があったときにめんどくさい。
コンポ近くに置いてあるiPodの所まで行ってポチポチしなきゃない。

それに対してAirTunesを使えば、使用中のPC上で聴きたい曲を選べば良い。
こりゃ便利ってことで、AirMac Expressを買ってからはAirTunesで音楽を聞いています。

コタツの一角を陣取っているiBook。
そこでネットをしながら、部屋の音楽の操作までできる。
寒い思いをしてコタツからはい出していく必要がないわけです。

んが、とある本に気になる記述が!
「通信速度がそれほど速くもない無線LANで帯域を食いつぶすような行為はあまり賢いとも思えない。」
…低能呼ばわりされました

賢くないかどうか、とりあえず計ってみました。
goo スピードテストにて。

えと我が家のインターネット環境は、USENの光ファイバ・LANタイプ。
最高100Mbpsの通信速度が魅力でございます。

以前、ケーブルをPCに直繋ぎの場合は17〜18Mbpsほど出ていました。

今はケーブルがAirMac Expressに繋がり、無線でPCへ。
測定結果、およそ11Mbps。
何度か計りましたが、だいたいそんなもんでした。

次にAirTunesを使用して、音楽を再生しながら測定してみる。
結果、およそ6.5Mbps。

うん、下がった。
半分まではいかないものの、はっきり下がってる。
こっちも何度か計測してみましたが、だいたいそんなもの。

アクティビティモニタ(winでいうタスクマネージャみたいなの)でネットワークの使用状況を見てみました。
ネットせず、AirTunesだけを使っていると140KB/秒のデータ送信がありました。
これが再生中の音楽データなのでしょう。
毎秒140KB = 毎秒1120Kbit = 1.1Mbps(合ってる?)

けっこう贅沢な通信してますね。
ネット接続速度が半分程度まで下がるほどですから。

結論:AirTunesで帯域食いは、確かに賢くないかも。
でも、便利。
posted by もっきん at 13:20 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AirTunesは穀潰し?

我が部屋では無線LANが構築されておりまする。
AppleのAirMac Expressをアクセスポイントとしています。
IEEE 802.11g規格で、最大54Mbpsの無線LANでございます。

AirMac Expressは便利なもので、プリンタを接続してLANで共有したりできます。
他に、面白いものでAirTunesというやつができます。
AirMac Expressとスピーカとかコンポとかつないで、PCのiTunesの曲を再生できるのです。

以前はiPodをDock(充電スタンド)に置いて、そのDockとコンポをつないで音楽を聞いていました。
んが、これだと聴きたい曲があったときにめんどくさい。
コンポ近くに置いてあるiPodの所まで行ってポチポチしなきゃない。

それに対してAirTunesを使えば、使用中のPC上で聴きたい曲を選べば良い。
こりゃ便利ってことで、AirMac Expressを買ってからはAirTunesで音楽を聞いています。

コタツの一角を陣取っているiBook。
そこでネットをしながら、部屋の音楽の操作までできる。
寒い思いをしてコタツからはい出していく必要がないわけです。

んが、とある本に気になる記述が!
通信速度がそれほど速くもない無線LANで帯域を食いつぶすような行為はあまり賢いとも思えない。
…低能呼ばわりされました

賢くないかどうか、とりあえず計ってみました。
gooスピードテストにて。

えと我が家のインターネット環境は、USENの光ファイバ・LANタイプ最高100Mbpsの通信速度が魅力でございます。
以前、ケーブルをPCに直繋ぎの場合は17〜18Mbpsほど出ていました。

今はケーブルがAirMac Expressに繋がり、無線でPCへ。
測定結果、およそ11Mbps
何度か計りましたが、だいたいそんなもんでした。

次にAirTunesを使用して、音楽を再生しながら測定してみる。
結果、およそ6.5Mbps。

うん、下がった。
半分まではいかないものの、はっきり下がってる。
こっちも何度か計測してみましたが、だいたいそんなもの。

アクティビティモニタ(winでいうタスクマネージャみたいなの)でネットワークの使用状況を見てみました。
ネットせず、AirTunesだけを使っていると140KB/秒のデータ送信がありました。
これが再生中の音楽データなのでしょう。
毎秒140KB = 毎秒1120Kbit = 1.1Mbps(合ってる?)

けっこう贅沢な通信してますね。
ネット接続速度が半分程度まで下がるほどですから。

結論:AirTunesで帯域食いは、確かに賢くないかも。
でも、便利。
posted by もっきん at 13:24 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPod fan book deluxe

買いました。
同シリーズの「iPod Fan Book 2」も持ってます。
この本は当たりです。

iPodとは?というあたりから、マニアックな使い込み、さらには周辺機器まで幅広く書いてあります。
かといって、広く浅くではない。
まずまずの深さも押さえている感じ。

iPod関連の本を一冊買うならこれでしょう。
posted by もっきん at 14:27 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPodの出身地

使用中のMacがいつ、どこで作られたかを診断してくれるソフトがあります。
その結果がコレ。
iPodは中国出身です。
どうりで最近、部屋がどことなくオイスターソースの香りがするわけだ。

いや、違う。
オイスターソース臭は昨日の焼きうどんのせいだ。
posted by もっきん at 14:11 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開発環境込み

「Mac OS X」には「Xcode」ってのが入ってるのね。
C言語とか、これで出来る。
Windowsデスクトップでやった、コンパイラをダウンロードして苦労して1時間かけて設定して…ってのがない。

さらにはデバッガまで入ってる。
無限ループしたり、途中で止まったり、答えが合わなかったりで途中にprintfを入れて何度もコンパイル&実行って手間をはぶける。

Macにはこんないいものが最初から。
ちょっと悔しいから友達には教えない。
もっと早くMacに出会いたかった。
posted by もっきん at 16:13 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロソフトの束縛

iBookにも慣れてきてだいぶ作業効率もあがってきました。
ま、毎日使ってるんでね。

で、一つ小さな悩みが。
ワープロソフトをどうするか。

毎週、実験のレポートを書かなきゃないんです。
今まではWindows使ってたんでWordを使って書いていました。
Macにもありますよ、Word。
Officeシリーズがちゃんと for Macとしてあります。
お試し版がバンドルされてたんで、とりあえずはそれを使っています。
適当なサイズだけを画面上に開くというMacのウィンドウシステムのため、Windows版よりもむしろ使いやすいです。
それに、見た目Windowsよりもかっこいい!これ重要。
お試し版といっても30日間使用可能なんで、しばらくはこれで足ります。

問題となるのがお試し期間をすぎたらどうするか。

その1、別ソフトを使う
最初から入ってるAppleWorksというソフトがあります。
ワープロ、表計算、データベース、プレゼン など。
用途はOfficeと一緒。
ちょこっと使ってみました。

Officeに慣れているため、ちょっと使い勝手が…。
扱えることは扱えるけど、Officeに慣れてるんでなんか違和感がある感じ。
そこは時間が解決してくれるにしても、Officeとのデータの互換性がよろしくない。
WindowsデスクトップとLANでつながってるんで、データ互換性があるにこしたことはない。

その2、Office購入
Office 2004 for Mac Standard Edition アカデミックパック → ¥19,800
アカデミック価格でそんなにしますか、して当然か。
ちなみにWord単品でもアカデミック価格で約1万円。
Excelも使うから、2つ買うと2万円。
それならOfficeを買います、パワーポイントも入ってるから。

これから先使っていくことも考えると、やっぱり2万の出費かなー。
んー、痛い!
posted by もっきん at 16:16 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。