MacでTV

実は、Mac用テレビキャプチャを買いました。
ワールドカップが始まる前に、ワールドカップを見るためだけに。
(オリンピックが始まるからってテレビを買い替える人みたい・・・)

買ったのは、Intel Mac対応としっかり書いてあり、ユニバーサルバイナリ印もしっかりついている、I-O DATA の GV-1394TV/M3

で、ワールドカップ含めいろいろとテレビ番組を見ていたのです。
2週間も使っていると、様々な悪い点が目につきます。

まず、予約録画を行うソフトの「Channel Manager」が常駐する点。
予約のある・なしに関わらずです。
ってことはつまり、Dockにアイコンが一つ増えるってことです。
かっこいいアイコンってわけでもなく、正直なところ目障りです。
メニューバーに表示って形でどうにかできなかったのだろうか>I-O DATA

画質に関しても文句を言いたい。
画像が荒い。
でもまぁ、画質については細かく設定できるので、それをいじればどうにかなるのかもしれません。

そして音についてですが、ズレます。
「あれ、声が遅れて聞こえるよ」状態です。
これは、メモリが足りないのかなとも思っていたんです。
デフォルトの512MBじゃあキツイのかな、と。
実際、TVキャブチャをつなぐ以前に普通に使っていてスワップファイル1GBとかなっていた時もあるくらいですから。
ですが、メモリの他に音が遅れる原因を発見しました。
付属のFireWireケーブルです。
これに付属のFireWireケーブルは4-6pinなのです。
4pinだと6pinよりも転送速度落ちますよね。
試しに、持っていた6-6pinのものと変えてみました。
うん、遅れ解消!とまではいかないけれども改善がみられました。
なんで、あえて遅くなってしまうケーブルをつけるのか、謎です。

そして、常駐しちゃう予約録画ソフトの使い勝手もイマイチです。
録画データの保存先を外付けHDDに指定していたにも関わらず、勝手に内蔵HDDに保存。
おかげさまで「このボリュームには空きが不足しています」とか言われちゃいました。
さらに「保存容量が不足しているので、録画を中断します。」とか言うんです。
なんてお馬鹿ちゃん・・・
おまけに、録画時にはフルスクリーンにできないんです。

購入時にTVMicroがまだ店頭になかったのが悔やまれます。
こっちならリモコンもついてるし。
posted by もっきん at 13:05 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。