Mac啓蒙活動

今日は、とある友人宅へ用事で行ってきました。
そのとき、必要となったので iBook を持っていきました。

友人には Mac を持っているということを言っていませんでした。
白リンゴマークのノートパソコンを取り出すと、
友人は「マック?!マジ?!カッコいい〜!」と好感触。

その友人は Mac と Win はほとんと互換性がないと思っていたとのこと。
ファイルのやり取りを普通にできることに驚いていました。

音楽ファイルの管理を Windows Media Player でしていて、とてもやりづらそうだったので、iTunes ご紹介。
iTunes の存在は知ってはいたものの、有料だと思ってたとか。
再生回数やマイレートで曲が簡単に管理できることに、これまた好反応。

さりげなく Expose を見せると、これまた良い反応。

一番食いつきが良かったのは、iBook のトラックパッドです。
2本指でスクロールできる、ってやつです。
「うぉ、すごい、超便利じゃん!!」
そうそう、コレ最初のときすごく感動したなぁー、と思いつつ「いや、普通だよ」みたいな態度でやってみせました。

と、友人に Mac をプチ宣伝してきました。
Grapher でグラフの実演でもすれば、さらに良かったかな?

Mac のことをあまり知らない人に実演してあげると、とても感動してくれます。
カッコいいし、便利だし、一度ハマると窓の世界には帰れません。

さて、友人が次にパソコンを買うとき、その選択肢に Mac はあるのか?
posted by もっきん at 14:33 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。