酒とともに去りぬ

今日は友人と飲み会があります。
気が重い…。

なぜかって?
酒が嫌い。
100歩譲っても、好きではない。
強くもないし、飲みたいとも思わない。

そのため普段から酒の席はなにかと理由をつけて断っています。
でも今回は参加することにしました。

でも、人付き合いの上で酒は無くせないものですからね。
これから先、社会に出て行くうえではなおさら。
そこは、まぁ、それなりに折り合いをつけてやっていこうと思っています、うん。

でも、人はなぜ酒を飲みたがるのでしょうか?
美味しいから?
うーん、対して飲めもしない私にはわかりまっせん。
ビールをガーッといって「プハーッ、うまい!!」
なんてのはわかりません、ビール飲めないし。

ストレス解消の類い?
酔って、言いたい放題言ってうっぷんをはらすのだろうか。
タバコを吸う人は、イライラしたらとりあえず1本、とか良く言ってますから同じ感じでしょうか。
今日は悪いことがあったらか、飲んで忘れようみたいな感じ。

んじゃあ、酒飲まないタバコ吸わないの優等生な私は何でストレス解消を?
お香とか?
好きな香りで癒される。
そんな感じ?

いや、むしろ真っ暗な部屋でお香の火を見つめてニヤリと笑う。
今にも放火しそうな雰囲気ですね。
なんちゃって。

気が重いなんて書いたけど、そんなに悲観してもいないのです。
同じ大学の友人ではあるものの、会うのは半年ぶりくらいだったりするし。
ま、たまにはいいんじゃない?
posted by もっきん at 13:04 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。