マイクロソフトの束縛

iBookにも慣れてきてだいぶ作業効率もあがってきました。
ま、毎日使ってるんでね。

で、一つ小さな悩みが。
ワープロソフトをどうするか。

毎週、実験のレポートを書かなきゃないんです。
今まではWindows使ってたんでWordを使って書いていました。
Macにもありますよ、Word。
Officeシリーズがちゃんと for Macとしてあります。
お試し版がバンドルされてたんで、とりあえずはそれを使っています。
適当なサイズだけを画面上に開くというMacのウィンドウシステムのため、Windows版よりもむしろ使いやすいです。
それに、見た目Windowsよりもかっこいい!これ重要。
お試し版といっても30日間使用可能なんで、しばらくはこれで足ります。

問題となるのがお試し期間をすぎたらどうするか。

その1、別ソフトを使う
最初から入ってるAppleWorksというソフトがあります。
ワープロ、表計算、データベース、プレゼン など。
用途はOfficeと一緒。
ちょこっと使ってみました。

Officeに慣れているため、ちょっと使い勝手が…。
扱えることは扱えるけど、Officeに慣れてるんでなんか違和感がある感じ。
そこは時間が解決してくれるにしても、Officeとのデータの互換性がよろしくない。
WindowsデスクトップとLANでつながってるんで、データ互換性があるにこしたことはない。

その2、Office購入
Office 2004 for Mac Standard Edition アカデミックパック → ¥19,800
アカデミック価格でそんなにしますか、して当然か。
ちなみにWord単品でもアカデミック価格で約1万円。
Excelも使うから、2つ買うと2万円。
それならOfficeを買います、パワーポイントも入ってるから。

これから先使っていくことも考えると、やっぱり2万の出費かなー。
んー、痛い!
posted by もっきん at 16:16 | apple&ipod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。